ID 630 久保 雪乃

近畿大学 3年生

 

現代美術のための美術館

委曲に食い入る美術館

 

グリッドによって区切られた展示室。ランダムなカーブを持つプレート。明暗を分ける屋根。敷地全面の樹木。これらは9つの美術作品を活かすための部品であり、それ自体が作品である。訪れた人々が美術作品、それを取り囲む空間に視線や心が深く入り込める美術館である。

Copy right ©建築新人戦2019実行委員会 all rights reserved