BEST16

ABOUT

ID0746

松本 樹

愛知工業大学 3回生

積層する記憶  -命を宿す負の産物-

 

2027年・2037年と続くリニア中央新幹線の開通へ向け、劇的な街並みの更新を迎える名古屋駅界隈。ここに、都市開発における負の産物とも言える「残土」が街の記憶を後世へと伝えゆく物語を設計する。

 

JUDGE

建築新人戦2017

 ASIA

ARCHIVE

BLOG

Copy right ©建築新人戦2017実行委員会 all rights reserved